被災された方の声をもとにつくった、災害時に役立つ情報サイト

運営会社  プライバシーポリシー  推奨環境  サイトマップ
ホットワード非常持出し袋 地震情報 避難所
ホーム防災お役立ち情報オンラインショップリンク集

 ・寄せられた情報からセレクトしたお役立ち情報

 ・我が家の防災マニュアル
 ・部屋の安全確認
 ・災害に必要なもの
 
 ・家庭用常備品リスト
 ・災害対応品リスト
 ・非常備蓄品

 ・震度とマグニチュード
 ・地震のメカニズム
 ・地震の揺れと被害想定
 ・地震の被害
 ・取組が手薄な防災対策
 ・災害時の応急手当
 ・災害用伝言ダイヤル
 ・緊急時連絡カード
 ・必要と思ったものリスト
 

・火災対策
・風水害対策
 まずは、部屋の中の安全対策を


阪神・淡路大震災では、建物自体は大丈夫でも多くの家で、家具が転倒したり
落下したりして、家具の下敷きになったり、割れたガラスなどで、
ケガをした被害が数多くでました。
家具の転倒や落下はケガをするだけではなく、倒れた家具により部屋の
出入り口や廊下がふさがれ、避難することが困難になります。
日ごろから家具の固定をしたり、配置を考え万一の地震に備えましょう。


夜は、カーテンを引いて就寝しましょう。
  ガラス面には飛散防止フィルムを貼るとより安全です。

食器棚
転倒防止用の専用ベルトなどで壁に固定しましょう。

照明器具
蛍光灯は蛍光管の両端を耐熱性のテープで止めましょう。

タンス・棚
L字金具・転倒防止ベルト・支え棒などで固定しましょう。
  2段重ねのものは上段と下段のつなぎ目のズレ防止対策も忘れずに。
  両開きタイプのものは揺れたらロックする耐震ラッチなどを取り付けましょう。
  ガラス面には飛散防止フィルムを。

テレビ
家具の上などには置かずに、できるだけ低い位置に耐震マットで
  固定して置きましょう。
  また、テレビの上にはなるべく物を置かないようにしましょう。

額縁
落下しないようにチェーンや金具でしっかりと固定しましょう。
  ガラス面には飛散防止フィルムをはるとより安全です。

本棚
隙間があると危険です。
  隙間があるときはブックエンドなどを活用しましょう。
  本がすべり落ちないようにバンドなどをかけておくのもいいでしょう。

ピアノ
壁にくっつけて設置した場合、壁面とぶつかったときの反動で前に
  転倒することがありますので、壁際から10センチぐらい離すようにしましょう。


(カーマホームセンター「カーマ防災ハンドブック 07.9月版」より抜粋)





携帯サイトへはこちらから

 
HOME  防災お役立ち情報  オンラインショップ  リンク集  運営会社  プライバシーポリシー  推奨環境  サイトマップ

(C) 2001-2008.Murphy Systems. All Rights Reserved