被災された方の声をもとにつくった、災害時に役立つ情報サイト

運営会社  プライバシーポリシー  推奨環境  サイトマップ
ホットワード非常持出し袋 地震情報 避難所
ホーム防災お役立ち情報オンラインショップリンク集

 ・寄せられた情報からセレクトしたお役立ち情報

 ・我が家の防災マニュアル
 ・部屋の安全確認
 ・災害に必要なもの
 
 ・家庭用常備品リスト
 ・災害対応品リスト
 ・非常備蓄品

 ・震度とマグニチュード
 ・地震のメカニズム
 ・地震の揺れと被害想定
 ・地震の被害
 ・取組が手薄な防災対策
 ・災害時の応急手当
 ・災害用伝言ダイヤル
 ・緊急時連絡カード
 ・必要と思ったものリスト
 

・火災対策
・風水害対策
 火災に備える

火災にもいろいろな種類の火災があります。自然に起きる火災もあれば、
人為的に起きる火災もあります。
そんな、いろんな種類の火災に対応できるように日頃から備えておきましょう。


1 寝たばこやたばこの投げ捨てはしない
  ・ 建物火災の出火原因の約1割がたばこです。
  ・ 「たばこの火の始末」により出火するケースが目立ちます。
    @ 喫煙場所を決めておく
    A 灰皿には水を入れておく
    B 必ず消火を確認する
    C ポイ捨てをしない
   など、たばこは慎重に吸いましょう。

2 子どもにはマッチやライターなどで遊ばせない
  ・ 子どもの手の届くところにマッチやライターなどを放置しないこと。
  ・ 花火の際には必ず大人が付き添い、消火用水の用意を忘れずに。
    また、子どもには火の怖さを徹底して教えておきましょう。

3 風の強いときにはたき火をしない
  たき火による火災も少なくありません。
  出火原因の約5割が火の粉の飛び火によるもの。
  風の強い日には行わないなど十分な注意が必要です。

4 てんぷらを揚げるときはその場を離れない
  ・ 建物火災の原因でいちばん多いのが、コンロからの出火です。
    その場から離れるときは、必ず火を止めましょう。
  ・ 万一出火したときは、ガスの元栓を締め、なべにフタをして空気を
    遮断するか、ぬれタオルでなべ全体を覆ってください。
  ・ 決して、出火を水で消そうとしてはいけません、
    逆に火の勢いが増してしまい被害が大きくなってしまいます。

5 家の周りには燃えやすいものを置かない
  ・ 放火による火災も後を絶ちません。
    家の周りに燃えやすいものを置かないようにしましょう。
  ・ ごみは収集日の当日に出すなど、放火に狙われにくい環境づくりが
    大切です。

6 電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない
  ・ 電気器具は使用説明書をよく読んで、正しい使い方を心がけましょう。
    また、使用後は、プラグを抜いておく習慣をつけましょう。
  ・ コンセントの差込口にホコリが溜まっていると出火の原因になる為、
    掃除の際、ホコリが溜まっている場合、必ず掃除をしましょう。

7 ストーブには燃えやすいものを近づけない
  ストーブを洗濯物の乾燥機代わりに使用したために出火するケースが
  目立ちます。
  ストーブを本来の目的以外に使用するのは厳禁です。
  また、ストーブの周辺は常に整理整頓し、燃えやすいものを置かないように
  しましょう。

8 風呂の空だきにも気をつけよう
  風呂かまどを使用するときは、必ず水位を確認してから点火する習慣を
  つけましょう。
  また、浴そうの栓は必ず手で締め、水漏れのないことを点火後に何回か
  確認するくらいの用心深さを。
  使用後は点火コックだけでなく元栓もしっかり締めましょう。

9 消火器の使い方(粉末消化剤、強化液消化剤)
  @ 安全ピンを上方に向けて引き抜く
  A ホースをはずして火元に向ける
  B レバーを強く握って噴射する

10 消火器の正しいかまえ方
  @ やや腰を落として姿勢をなるべく低くし、熱や煙を避けるようにして
    かまえる。
  A 燃え上がる炎や煙に惑わされずに、燃えているものにノズルを向け、
  B 火元を掃くように消火する。


(高岡市冊子「わが家の防災対策」より抜粋)



携帯サイトへはこちらから

 
HOME  防災お役立ち情報  オンラインショップ  リンク集  運営会社  プライバシーポリシー  推奨環境  サイトマップ

(C) 2001-2008.Murphy Systems. All Rights Reserved