被災された方の声をもとにつくった、災害時に役立つ情報サイト

運営会社  プライバシーポリシー  推奨環境  サイトマップ
ホットワード非常持出し袋 地震情報 避難所
ホーム防災お役立ち情報オンラインショップリンク集

 ・寄せられた情報からセレクトしたお役立ち情報

 ・我が家の防災マニュアル
 ・部屋の安全確認
 ・災害に必要なもの
 
 ・家庭用常備品リスト
 ・災害対応品リスト
 ・非常備蓄品

 ・震度とマグニチュード
 ・地震のメカニズム
 ・地震の揺れと被害想定
 ・地震の被害
 ・取組が手薄な防災対策
 ・災害時の応急手当
 ・災害用伝言ダイヤル
 ・緊急時連絡カード
 ・必要と思ったものリスト
 

・火災対策
・風水害対策
 震度とマグニチュードについて

震度とは

震度とは、地震によるその場所での地面の揺れの強弱を示す指標のことです。気象庁では、かつて震度を体感及び周囲の状況から判断し観測していましたが、平成8年(1996年)4月からは、計測震度計により自動的に観測を行っています。
気象庁は全国各地に約600地点の震度観測点を展開しており、島根県内には8箇所の観測点があります。なお、地方公共団体が管理する震度計の観測値も、気象庁が発表する地震情報に活用しています。
地震による地面の揺れは、地盤や地形に大きく影響されます。震度はその震度計が設置してある地点の観測値ですが、同じ市町村であっても場所によって震度は異なります。また、震度は通常地表で観測します。中高層の建物の上層の階では、一般的に揺れが大きくなります。

マグニチュードとは

マグニチュードとは、地震そのものの大きさをあらわします。マグニチュードの算出方法にはいろいろな方法がありますが、気象庁が発表するマグニチュードは、気象庁が観測に使用している標準的な地震計の振幅から決定しています。
最近では、地震の断層面の大きさ等の推定から算出するモーメントマグニチュードという尺度もよく使われるようになりました。

震度とマグニチュードの関係は

これは電球そのものの明るさと周りの明るさとの関係によく似ています。 電球そのものの明るさをあらわすものがマグニチュードで、電球から離れたある場所の明るさが震度に相当します。 つまり電球自体は明るくても、電球から離れたところでは暗くなるのと同じで、マグニチュードが大きくても震源から遠いところでは震度は小さくなります。



携帯サイトへはこちらから

 
HOME  防災お役立ち情報  オンラインショップ  リンク集  運営会社  プライバシーポリシー  推奨環境  サイトマップ

(C) 2001-2008.Murphy Systems. All Rights Reserved